コラム

入院日数が短くなってきたってホント?

年々医学は進歩しています。
医学の進歩により、以前は開腹手術が必要だった大規模な手術も内視鏡手術で行うことができるようになりました。大きく切らずに済むため、一般的には合併症が少なく回復が早くなり、その分早く退院できるようになりました。
これは患者側の負担も少なくて済むため、喜ばしいことですよね。

以前までは長期間入院することも多かった、胃ガン等で胃を全摘出する場合も、回復が早ければ2週間~1週間程度で退院することもあるそうです。
※もちろん、状況によります。

入院時に保険金が給付されるタイプの保険は、連続して何日間保険が給付されるか、ご自身で選択することができます。

以前は120日型(連続して入院120日まで保険金が給付される)が360日型、という長期入院に対応した商品も多かったのですが、一般的には給付日数が長くなるほど保険料が高くなりますので、最近は、日数を短くする傾向にある、といえるかもしれません。

無料相談のお申し込みはこちらから

ページの上