コラム

治療するために必要な保障額ってどのくらい?

今回は医療保険の必要保障額についてお伝えいたします。

医療保障は基本的に「公的保障の不足分を補う」ものだと考えると分かりやすいと思います。

例えば入院をして高額な費用がかかった場合、高額療養費制度を利用することができ、1か月あたり個人が負担しなければならない医療費の上限額が決まっています。
一般所得者の自己負担限度額は
80.100円 + (医療費 - 267.000円) × 1%
※医療費には「差額ベッド代など保険適用とならない費用」「食事代」は含まれません。

上記で計算したものに「食事代」「雑費」などを加算して、必要保障額を算出してみてください。
30日間入院して「医療費=60万円」「食事代=260円(1食分)×3食×30日=23.400円」
「雑費=3万円」がかかったとしても、136.830円。1日あたり5.000円かからないのです。

思ったより、お安くないですか?(笑)

ただし、上記の計算は必要最低限の保障額だと考えていただきたいと思います。
収入保障の意味を込めて、医療保険の保証額を大きくした方が生活スタイルに合っている可能性もありますよ。

反対に、加入している健康保険により、上記より自己負担額が少なくて済む場合もありますので、一度確認することをお勧めします。

あくまで今回お伝えしたのは一般的なものなので、1つの目安として考えてくださいね。

無料相談のお申し込みはこちらから

ページの上