コラム

あなたの保険、重複して処方されていませんか

アレルギーで病院に通っているお知り合いの話ですが、通っている病院を変えたいと思いネットで評判の良い病院に診察に行ってみたそうです。

おくすり手帳を見せると、新しい病院の先生は今まで処方されていた薬について詳しく説明してくれました。聞くと、今までは同じような効能のものが複数処方されている状態で、本来は服用方法に十分気を付ける必要があったそうです。

よく考えてみると、病院で処方された薬については、あまり深く考えずに言われたまま服用してしまいますよね。

この話、保険にもとてもよくあてはまるお話なのです。担当の方に勧められたままに加入して、保障部分が重複していたり、その反面必要な保障をカバーしていない、ということも少なくありません。

最近はネット等で勉強して加入される方も多くなってきていますが、ネットの知識はあくまで一般的なケースの可能性があるので、一概にすべての方にあてはまるとは限らないのです。

「実際に自分自身にはどの保障がどの程度必要なのか」「金銭的な不安なく自分が希望する治療を受けられる保障なのか」「加入している保険は実際どのような時に活用できるのか」しっかり理解し検討して加入できているでしょうか。

お知り合いは、よい先生に出会えたことで、自分が服用している薬について理解し、今後は薬の量を減らして様子を見ながら処方していただけるそうです。

保険に関しても、信頼できる相談先を見つけご自身に合った保険にご加入いただきたい、と切に願います。

無料相談のお申し込みはこちらから

ページの上