コラム

こどもの保険ってどうしたらいいの?

お子様が病気やケガで入院した時の保障をどうしたらよいか、お悩みの方は大変多いのではないでしょうか。
実は、弊社でも「子供用の共済」と「通常の医療保険」に加入するのはどっちがいいいか、というご相談をたくさんいただいています。

お子様用の共済とは一般的に、掛け捨てタイプで18歳まで加入が可能となります。
そのため、掛け金はお安く抑えられます。

共済タイプと同程度の保障内容の「通常の医療保険」に加入する場合、通常掛け金は高くなりますが、終身タイプなどは18歳以降も継続できますので、一生涯の保障だと考えることができます。
一般的には、早く加入するほど保険料はお安く済みますので、大人になってからも安い保険料で保障を継続できる、ということです。

商品によっては、解約すると解約返戻金が払い戻されるものあります。
お子様が独立した時に契約者をお子様に変更し、親からプレゼントしていただいてもいいと思いますよ。

もちろん、どちらのタイプにもメリットはありますので、どちらがオススメか一概には言えないのですが、ご自身やご家族の考え方によって選択いただけると良いと思います。

無料相談のお申し込みはこちらから

ページの上