相談事例

相談事例

住宅ローンの適正金額の確認

ご相談のお客様
:札幌在住 Sさま
家族構成
:ご主人さま 30代 奥さま 30代 お子さま 2人

Case52

ご相談内容
お子様の誕生により、現在お住まいの賃貸が狭く感じるようになったそうです。そこでこのまま賃貸に住んだ方がいいのか、マイホームを購入すべきかについて気になり、専門家への相談を考えていただきました。

弊社のHPの動画やアンケートを見て、信頼できそうと感じてご相談にいらしていただいたそうです。

ご相談いただいた時点で転職したてだったこともあり「住宅ローンはいつから組めるのか」という疑問や、「しっかり将来のことを見据えて、住宅ローンの適正額を確認したい」また「住宅ローンを組む場合は保険に加入したほうがいいのか」等、様々な疑問をお持ちでした。




弊社のご提案

ライフプランシミュレーションを行い、お金の流れを把握した上で、住宅購入をするべきか、する場合は適正な住宅ローン借入額について確認するようご提案いたしました。

結果

ライフプランシミュレーションをご依頼いただきました。

ご依頼後、会社から今後の給料についてどうなるかの資料をいただいたので、その金額を基にシミュレーションいたしました。
シミュレーションしたことで、住宅ローンの適正な金額が算出でき、今後家の購入を検討することとなりました。

また、ローンを組んで車を購入したい、というご希望がありましたが、今後住宅ローンを組む可能性があるため、借入可能額等に影響する旨お伝えし、しばらくお待ちいただくようアドバイスいたしました。車の購入に関しては、残価設定ローンについても検討されていたので、残価設定ローンのデメリット等についてもご案内いたしました。

会社で確定拠出年金を導入することになったので、どう利用するべきか考え方についてもお話しさせていただきました。

その他「勧められている保険がある」とのことでしたので、シミュレーション結果と照らし合わせ、必要な保険についてもご提案いたしました。

今回は総合的なシミュレーションをさせていただく結果となりました。

Sさまからは「物腰柔らかく、説明がわかりやすかった」「相談していく中でいろいろと出てくる問題にひとつひとつ対応していただきありがとうございました」とのお言葉をいただきました。

早くご希望の土地が見つかり、マイホーム建設ができるようお祈りしております。

お客様から頂いたアンケートです。

住宅ローンの適正金額の確認

無料相談のお申し込みはこちらから

ページの上